2016年6月27日月曜日

vivosmartのベルトが完全に千切れました

遅かれ早かれこんな状態になることは容易に想像がつきましたが、意外と早く完全に千切れてしまいました。

 これで製品寿命は終わりですね。ベルトは交換できないし、表示は欠けてるし。ただ、スマホの通知を知らせてくれる機能が手離せません。

 っつうことで、復活^^;


これでどれくらい延命できるかな?

2016年6月14日火曜日

深い眠りが0(ゼロ)の夜

僕は初代UPから使い始めて、もう3年目でしょうか。でも、こんな「深い眠り」が全く記録されなかった夜なんて初めてです。
 確かに、この夜はなかなか寝付けないで、入眠する時間からして遅かった。夢もたくさん観た気がします。
 それでも翌朝、それほど気だるいというか、寝足りないという感じではありませんでした。ただ、久しぶりに自転車で100km漕いだので、体中が痛くて疲労は残っているような感じではありました。

2016年6月5日日曜日

vivosmartのベルトが切れてきた。

 これは確かクリスマスにプレゼントされたものだと思ったので、使い始めてから一年半です。
 私はJawboneも同時に使っていて、最近は左手にUP3、利き手の右手にはvivosmartという形に落ち着いていました。利き手にvivosmartをはめていると、物を書いたりパソコンを使ったりする時に邪魔だと思っていましたが、使っているうちにだんだん慣れて違和感もなくなってきていました。

 だけど、こんなふうにベルトが切れてきてしまいました。
これは普段使ってる穴とは違うんですが、やっぱり経年劣化ってやつですかね。
 ベルトクリップのカバーももうボロボロです。





 表示もだいぶ欠けてきたし、ベルトが切れたらもうおしまいですね。似たような製品の中にはベルトを交換できるものも多いですが、これは、ベルトが切れたらそこでおしまいですね。
 ベルトが切れたら買い替えるかな。それとももっといい製品が出ているのかしらん。切れてから考えることにしましょう。

2015年12月17日木曜日

交換してもらったUP3がなかなか同期しない(>.<)

 交換してもらったUP3ですが、さんざん動作確認してもらったはずなのに、私の端末とはなかなかペアリングできません。しまいには私の端末、Xperia Z4の方に原因があるのかとも疑い出しました。

 でもこのZ4で、初めて買ったUP3は一発でペアリングできましし、初めて交換してもらったUP3は、2,3回失敗した末にペアリングできました。

 で、今回なんですが、普通、ペアリングが正常に行われると、下のような画面になります。

  「バッテリー:約6日」とあります。これが、正常にペアリングできてないと、
  こうなります。一見「○○さんのUP3」と表示されて、正常にペアリングできたかのように見えますが、ペアリングできてません。
 今回、交換してもらった(動作確認してもらってる)UPは、いっくらペアリング設定をしても、こうにしかならないのです。
 試みに、スマホではなくてタブレットとのペアリングを試みましたが、これも同じようにうまくいきません。
 もう、諦めて、UP3をやめようかと考えだしたころ、既に10回以上ペアリング動作を繰り返していたのですが、やっとタブレットの方でペアリングができました。

 これでいいや!タブレットも常に持ち歩いてるわけだし、しばらく、タブレットに同期させることにします^^;

交換してもらったUP3にはベルトクリップストッパーがついてきた

 今回も(2回目です)交換品のUP3は速やかに送られてきました。いや、今回はちょっと違うか!

 今回は私が使ってるXperia Z4で実際に動作を確認してから送りますということで、3日ほど余計に時間がかかりました。2回目ともなると特別待遇といいますか、問題顧客扱いといいますか^^;交換品を送ってくれる際も、「これは、同期、電池もち、その他の動作について動作確認が済んでおります」と何度も念を押されました。

 まぁ、動作確認していただいて、初期不良はあり得ないってことはわかりましたが、また数か月で同期しない等の不具合が起きないという保証にはならないですよね。今度、この届いたUP3が壊れたら、もう、UP3使うのはやめにしようと思います。vivosmartだけで行くか、他の機種を検討するつもりです。

 さて、戻ってきたUP3にはベルトクリップストッパーが2個、同梱されてきました。
 
  ベルトにつけると、こんなかんじ。
腕にはめると、こんなかんじ。

ベルトクリップを覆うようにカバーをします。滅多になかったけど、寝てる間にバンドが外れたりするのを防げます。

 いいかもね。